7月5日(日)阪神競馬場で行われる
CBC賞2020の予想です



【予想印と買い目】

ロケット
○エイシンデネブ
▲クリノガウディー
△ショウナンアンセム
△レッドアンシェル
△ラブカンプー

買い目は
◎の単
◎ー○▲のワイド
○の単
○ー▲のワイド
◎ー○▲△△△の馬連


少しダブル本命的な要素もありながら
あくまで◎からの馬券に拘ってます



以下・・各馬の見解をつけておきますので
興味ある人はどうぞ~



Mの法則のラジオ「Mラジ」CBC賞回
ここにゲスト予想家?MC?として出演してます
(何と2週連続で!)
Mの法則ではなく血統予想なのに
いつも呼んでいただき有難い限りです
日曜朝~昼ぐらいに更新されると思いますので
(印は当時とは少し変更してます)



《本日のサクッと予想》

昨日Twitterからだと結構好評のよう
だから今日は張り切って載せちゃうぞお~(笑)
本日は前半も前半ばかりをピックアップ
土曜のトレッファーより
自信度としては全て劣るので注意してね~


福島1R2歳未勝利
◎コスモアシュラ

前走もここで推した馬
ゴールドシップ×ボールドルーラー系
この配合はニックスの可能性が高い注目配合
父的には東京1600mよりは福島1800m
タフな馬場の適性も高いですし
牝系も仕上がりは早目
一変に期待して
単複


函館2R3歳未勝利
◎レッドマリアベール

ウインドインハーヘア牝系ではありますが
決してダートがダメなわけではなく
同馬はタートルボウル×ネオユニ
ダート替わりと外枠で狙いたくなったので
単複


阪神2R3歳未勝利
◎ハーランズハーツ

母父Harlan's Holiday=そう!モズベッロの母父
午前中はタフさもまだかなり残ると思うんで
そこに父ハーツクライならピッタリ感はある
前走は2走前からペースUPを差しから先行
これは相当きつかったはずなんで
その経験が間隔開けたことによって
どこまで活かされるか?ですが
経験値としてはいいに決まってるので
単複


福島2R3歳未勝利
◎パワポケプリメーロ

前走地方で短縮での競馬
忙しい競馬を経験してオルフェ的にスイッチON
この期待は賭けられる局面
ただ間隔が開き過ぎてるのがなあ…
ここで先行出来れば次でもいいかと思いつつ
単複


阪神9R兵庫特別(AM8:40追記)
◎ロールオブサンダー

湿った芝の2200m以上のエピファネイア
この非常に狭い範囲で好調なのが特徴
ましてこの馬は母父アドマイヤムーン
曾祖母ナギサなら今の馬場はかなり期待
しかも前走差しに回って見所あったのが収穫
ダウン戦にもなりますしね
単と7.11へのワイド



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;







日曜当日は雨は降らない予報になってますが
土曜が終日道悪競馬で時計が掛かってました
開催前にエアレーション作業が施された馬場は
ここからの通常とは違うもう1開催連続に備え
基本的にソフト仕上げ
良好な馬場状態で踏み固められていくと
ある程度時計が速くなりやすい印象はありますが
蓄積されたものもあるので
そこまで高速決着は考え難いかと


ここまでの今開催重賞の結果からだと
パフォーマプロミス
サマーセント
クロノジェネシス
キセキ
ポイントはタフ×速い血


1200mのCBC賞ではありますが
今回もこれに沿ったベクトルで狙う
馬場と距離を考えるとこれでいいのかなってね



◎ロケット
ロケット
父ディープスカイはタキオン産駒ですが
その仔たちを眺めると
クリンチャー.スピリッツミノル
モルトベーネ.キョウエイギア
体力に馬力型な種牡馬という感じ
ディープスカイの母アビが欧州で
牝系にはタップダンスシチーの名が
そう言われると納得がいくというもの
そして平坦<<急坂に前傾ラップ◎という特徴
母父Maria's Monが米国の速い血
それを欧州のDiesisで支えるという構成
この母父Maria's Monは短距離と短縮に強く
かなりスピード能力が高い
それは父が何であってもそのベクトルになるので
ディープスカイ(タフ)×Maria's Mon(速い血)
ピタッと合うんじゃないかなと
前走はいいスタートを決めるも
無理矢理抑え込む競馬で逃げ馬に残られる
そんな勿体ない競馬だった感
そこから急坂替わりと前傾替わりも見込める



○エイシンデネブ
エイシンデネブ
今3歳世代で体力ありの可能性が高まった
そんな父ロードカナロアですが
同馬は5歳で初年度産駒
スピードのベクトルではあると思います
そして母父High Chaparralがサドラーで欧州
つまりタフ×速い血をひっくり返した感じ
ロードカナロアのアップ戦の挑みになりますが
母父High Chaparralは急坂コースのほうに実績
シゲルピンクダイヤ.アマルフィコースト
トルークマクトも大阪城Sで2着
強烈な脚を出せるようになった佐世保S以降で
初の急坂コースへの挑みに
京阪杯は故障馬からの不利を受けたもの
それでも内から上がり2位で0.7差
淀短は3戦続けて頑張ったのが出たのか?
馬体重も減らして全くいいとこなし
前走は間隔開けて馬体も戻して
繋がるようなきらっと光る上がり=走りだったか
母父のほうがうまく出てカナロアの弱み
これを相殺出来ればズドーンがあってもなって



▲クリノガウディー
クリノガウディー
父スクリーンヒーローからタフさを
母父ディアブロなんで構成的には馬力=パワー
それが優勢なのかもしれませんが
Devil's Bagと捉えればタフ×速い血に該当
前走やり切った後ではありますが
血統単体なら評価は必要かと



△ショウナンアンセム
ショウナンアンセム
父ジャングルポケットが欧州でタフ
母方のクロフネ×ダンチヒが速さを
1年の休み明けではありますが
格持ちでもあるんでここまで人気ないなら



△レッドアンシェル
レッドアンシェル
2走前でリズムを崩し前走も全然だったので
手を出すべきではないと考えてましたが
これもマンカフェ×Storm Catならタフ×速い血
そう言ってもいいしSilver Hawkの支え
これも現状からいけば悪くないので
ダウン戦でもあって押さえました



△ラブカンプー
ラブカンプー
父.母父から速さ&速さではあるんですが…
父はニジンスキーにチャイナロック
母方にはタヤスレミグラン~L'Emigrantという
欧州の血はふんだんに入ってはいる
母父マイネルラヴは内枠特注
2走前ダートを使った効果があったのか?
前走韋駄天Sで久々におっ!と思わせる走り
その前走が最後っ屁なら仕方なし
ひょっとしたら感があったので



タイセイアベニール
ミッキースピリット
この2頭も悪くないものの……



アウィルアウェイは前走そこまで負けてない
しかしこういう後のジャスタウェイは
ぷっつんしてる可能性が否定出来ず
ここは様子見ということに