1月18日(土)小倉競馬場で行われる
愛知杯2020の予想です



【予想印と買い目】

フェアリーポルカ
○パッシングスルー
▲デンコウアンジュ
△アルメリアブルーム
×モルフェオルフェ
×レイホーロマンス
×ランドネ

買い目は
◎の単
◎ー○▲△の馬連
◎ー○▲△×××のワイド
▲の単
▲ー○のワイド


◎から相手上位へは馬連
そして手広くワイドで流す作戦
▲の馬券も押さえで



以下・・各馬の見解をつけておきますので
興味ある人はどうぞ~



《本日のサクッと予想》

中山&小倉は馬場が読めないので
ここでは今日は京都オンリーで
(中山メインはジャンダルム買いたい)

サクッと予想
ここまでの2020年サクッと予想の印別成績

先週の結果でちょっと調子乗って掲載👺
今だけですから(笑)


京都3
◎ケイマジェスティ
○11


京都11羅生門S
◎バティスティーニ
○5

スタート後の行きっぷり
直線入って坂で止まる前の抵抗
前走リプレイから十分買えると判断
その前走厳しいペース前受けからの短縮
母バプティスタならこの距離と短縮
ここはかなり買いたい局面👍



さらに
1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;







考察は週中に☝でやっております


金曜時点では良発表の小倉
しかし土曜日にはお湿りがある予報に
どこまで馬場が悪くなるか!?
読み辛い面はありますが…
少し重めの想定もしつつといった感じで



◎フェアリーポルカ
ルーラー×ノーザンファーム馬
間隔を開けての臨戦に(10週以上)
昨秋あたりまでこの組み合わせの芝重賞は
間隔を詰めたり叩いてからの好走が多かった
それがその後は間隔を開けた方が走るように
むろん育成能力に長けてるのもあるので
外厩から何かを掴んだか!?
そう思えるような変化を見せてる現状
従って挑み方としては好感
祖母がフェアリードールなんでトゥザ一族
中山での強さが光る一族ですが
小回り平坦もいい部類なんで
括れば小回りは得意という印象はあり
母方にはヌレイエフ.Sharpen Upという欧州の下支え
ディアンドル.メールドグラース
小倉重賞で好走したルーラー2頭の母方
共に欧州が強調された血でありましたし
母父サンデー系というのも共通
ましてメールドグラースは母母父ヌレイエフ
ダウン戦での挑みも含めてピッタリという判断


○パッシングスルー
同馬もルーラー×ノーザンファーム馬
母方がパワーとスピード強調型の分だけ
フェアリーポルカより下に評価しましたが
母母父Seattle Slewがボールドルーラー系
小倉重賞ではこのスピード持続力ナスルーラ
この血が効くことが多い
しかもこれがいいとこに入ってる
間隔開けてるので挑み方もいいので
ルーラー丼に期待


▲デンコウアンジュ
父メイショウサムソンがサドラー系で欧州
トリオンフ.ダイメイプリンセス
小倉重賞好走馬の父欧州ノーザンの2頭
共に母父がダンスでサンデー×ニジンスキー
同馬の母方がニジンスキー×サンデー
配合的には初の小倉で楽しめそうですし
小回りと厳しめのペースが重なってこその父
高齢までしぶとく走る牝系ですしね
(サングラス.コレデイイノダ)
前走前半33.9のマイルの流れから延長なら
楽に感じていいタイミング
その前走は内から4角で一気に外にワープ
そのまま真っ直ぐ追えばいいものを追えず
勿体ない競馬だったのでまだ一変の可能性有


△アルメリアブルーム
ドリームジャーニーにネオユニヴァース
サンデーが強調された配合で何とも言えませんが
ドリームジャーニー単体だけ見るなら
こういう小回りという場所は合ってる感
しかも湿ると走る種牡馬
母方は欧州色がかなり強調されていて
近親にはオーシャンブルー
これが小回りの中山実績持ち
母母母父がダンシングブレーヴなんでリファール
ステゴにリファール持ちとすれば
サンライズマックス.エクスペディション
この2頭がステゴ×リファールで小倉重賞勝ち
まあ買いたくなる要素は多い馬


×モルフェオルフェ
馬場が湿れば要員として
オルフェーヴルは馬場が悪くなる毎に
成績と回収率がUPする種牡馬
祖母がロフティーエイムに近親サングレーザー
小回り重賞なら買っておきたい牝系
前走が2走前よりペースが厳しくなったのに
逃げ→2番手で勝ったのは評価したい


×レイホーロマンス
小回り1800-2000がベストな感
まだ死んでないと思ってる中で
そこへのハービンジャーで短縮への挑み
馬場が悪くなり過ぎると?も
ちょいお湿りぐらいなら父的にも絶好


×ランドネ
米国産馬なんで当然米国色が強くパワータイプ
母父エーピーインディがボールドルーラー系
10年以降父ロベルト系の小倉重賞連対馬は3頭
母方にナスルーラとミスプロを全馬持っていて
この馬も母方がナスルーラ×ミスプロ
前走中日新聞杯は上がり特化レースで
差し追い込み勢が上位を占めた
その中先行して唯一粘ったのがこの馬
内容的には評価していいと思うので