稀に的中?3代血統で重賞予想withM

血統(3代)に拘りながらMの法則(素人)もという競馬予想ブログ

 
今週日曜京都メインは秋華賞2015
 
 
ミッキークイーン、タッチングスピーチ、レッツゴードンキ、トーセンビクトリー他20頭が出走予定
 
 
【秋華賞2015出走予定馬と血統表】
 
秋華賞2015出走予定馬
 
テルメディカラカラ、マキシマムドパリ、レッドカーラ
この3頭が残り1頭の出走枠を賭けて抽選対象になっております
 
 
ディープインパクト 5頭
マンハッタンカフェ 5頭
キングカメハメハ 3頭
 
出走予定馬20頭中実に13頭が上の種牡馬に当てはまってるのが今年の秋華賞の大きな特徴でしょう
 
つまりこの3種牡馬の攻略がカギになりますし
ここから好走馬が出る可能性が確率的にも非常に高いと言えます
 
 
ディープインパクト産駒は秋華賞で【2.2.0.8】
ここ3年でショウナンパンドラとジェンティルドンナが勝ってますし京都2000mの産駒成績も高し
 
マンハッタンカフェ産駒は秋華賞で【1.0.0.1】
09年にレッドディザイアがブエナビスタにやっと先着し勝利したのが印象的
”斬れ”がある程度問われる阪神1600m・東京2400mよりは
京都2000mはレッドディザイアのイメージからも牝馬クラシックの中では最も向く舞台ではないかと
 
キングカメハメハ産駒は秋華賞で【1.0.2.7】
キングカメハメハはキングマンボの血を引いてますが
一昨年は父スズカマンボがキングマンボ内包種牡馬だったメイショウマンボが勝利
そして3着だったリラコサージュは母父キングマンボとキンカメ含めたキングマンボの血はなかなか好相性
 
 
アンドリエッテ
クイーンズリング
タッチングスピーチ
トーセンビクトリー
ミッキークイーン
レッツゴードンキ
 
出走予定馬の中でとりあえず気になるのがこの6頭
 
やはりディープ・マンカフェ・キングマンボの血をそれぞれ持つ馬になってしまいました
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
10月12日(月)盛岡競馬場1600mで行われるマイルチャンピオンシップ南部杯2015の予想です
 
 
昨年の勝ち馬ベストウォーリアが出走
この馬の父はMajestic Warriorでエーピーインディ系になり遡ればナスルーラ系
 
近年のマイルチャンピオンシップ南部杯はこのナスルーラの血が強し
 
昨年2着馬ポアゾンブラックも母母父がナスルーラでしたし
エスポワールシチー、ホッコータルマエ、セイクリムズン、ダイショウジェット
過去3年の好走馬の内これらが3代内にナスルーラを持ってました
 
 
まあ結局◎はベストウォーリア
昨年と同じプロキオンSからのローテーションもいいでしょうし近走の充実度も○
2走前はここにも出走してるワンダーアキュートに負けてますが
そのワンダーアキュートがナスルーラの血を持ってない分適性で上回りそうですし
 
○はタガノトネール
母母父トニービンがナスルーラ系で欧州
エスポワールシチー、ホッコータルマエ、セイクリムズン、ダイショウジェット
この4頭はナスルーラ持ちでそのナスルーラが欧州でした
母父キングカメハメハも父としてアドマイヤロイヤル・ホッコータルマエが好走してますし
 
▲にハッピースプリント
母母父Secretariatがナスルーラで父母父もナスルーラなんでナスルーラのクロス持ち
 
 
【マイルチャンピオンシップ南部杯2015予想】
ベストウォーリア
○タガノトネール
▲ハッピースプリント
△ダブルスター
△ワンダーアキュート
 
買い目は
◎○のワイド
◎○▲の3連複
◎-○▲-△△の3連複
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
月曜京都メイン・京都大賞典2015の予想です
 
 
昨年こそ馬券に絡まなかったんですが
京都大賞典にて相性抜群な血統はグレイソヴリンを中心とした欧州ナスルーラの血でしょう
 
13年1着 ヒットザターゲット(母父)
13年2着 アンコイルド(母母父、父母父)
12年1着 メイショウカンパク(母母父)
12年3着 ギュスターヴクライ(母母父、父母父)
11年1着 ローズキングダム(母母父)
11年2着 ビートブラック(母母父、父母父)
 
近年だとこれらの馬が3代内に欧州ナスルーラを持ってました
 
そして09年~12年と4年連続で馬券になったオウケンブルースリも父がグレイソヴリン系欧州ナスルーラ
 
この血統が活躍しているという事は持続的な脚の要求度が高いレースであると言えそう
 
 
◎はレコンダイト
父ハーツクライはトニービン内包種牡馬で母母父Garde Royaleがネヴァーベンド系で欧州ナスルーラ
アンコイルド、ギュスターヴクライ、ビートブラックといった過去の好走馬は
欧州ナスルーラのクロスまで持ってた欧州ナスルーラがかなり強調されてた馬でしたが
レコンダイトもそれに当てはまりますね
ハーツクライは芝重賞だと休み明けの成績が抜群に良し
逆に京都外回りのハーツクライは芝重賞だと成績はあまり奮いませんが・・・
ハーツクライで一番人気がない馬なんでここは気楽な立場での好走を期待しての本命
 
○はラブリーデイ
父キングカメハメハ、母方ダンスインザダーク×トニービン
京都大賞典の好走血統が全て入った血統構成でトニービンはむろんグレイソヴリンなんで欧州ナスルーラ
 
ラキシスは米国型ノーザンダンサー系の母父Storm Catはレース傾向的には○
ただディープインパクト産駒の京都2400m牝馬の成績が【1.1.0.5】(12年以降)とイマイチ
 
ワンアンドオンリー、カレンミロティックのハーツクライ2頭は休み明けは○
ただ気になるのはハーツクライ産駒が京都芝重賞で成績が奮わないところ
同じ父でも◎レコンダイトはナスルーラが強調されてる分評価しましたが人気でもありどうか!?
 
サウンズオブアースの父ネオユニヴァースも京都2400m成績が【2.1.1.16】(12年以降)でさほどでも
 
人気馬がそれぞれ不安要素も抱えてる事もあって・・
 
▲はフーラブライド
京都2400m実績がある馬ですしゴールドアリュール産駒は京都2400mはピンポイントで狙える条件
 
 
【京都大賞典2015予想】
レコンダイト
○ラブリーデイ
▲フーラブライド
△カレンミロティック
×サウンズオブアース
 
買い目は
◎の複
◎-○▲△の3連複
◎○×の3連複
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
月曜東京メイン・グリーンチャンネルカップ2015の予想です
 
 
東京1400mダートOPレースは13年以降7鞍行われてるんですが
 
父サンデー系米国型ノーザンダンサー系
 
この2系統の種牡馬がよく馬券になってますね
 
 
あとはレース上がり最速の馬がかなりの率で馬券になってるのと
前走だと上がり順位の良い馬からレース成績も良い順で並んでるというのも特徴点でしょう
 
つまり速い上がりが使えるというのもキーワード
 
 
◎はピンポン
父はサンデー系なんですがこの産駒ダートだと休み明けなら距離短縮が好成績
しかも東京1400mダートだと複勝率がジャスト3割(13年以降)
前走上がり3位ですし速い上がりを使えるタイプでもあり狙ってみます
 
○はレッドアルヴィス
父ゴールドアリュールがサンデー系
前走は不甲斐なかった感もありますがこのレース34.0-37.9という超前傾ラップの中4角先頭の競馬
内容的には強かったですしコース替わりとこの枠で見直したいですね
 
▲はキクノストーム
父スタチューオブリバティがStorm Catの系統でパワー型ノーザンダンサー系
大和S・天保山Sといったここと同じ1400mダートOP特別でそれぞれ速い上がりを使って好走してるので
 
 
【グリーンチャンネルカップ2015予想】
ピンポン
○レッドアルヴィス
▲キクノストーム
△タールタン
×セイコーライコウ
×フミノファルコン
×タイセイファントム
 
買い目は
◎の複
◎-○▲△の3連複
◎-○▲-×××の3連複
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ