稀に的中?3代血統で重賞予想withM

血統(3代)に拘りながらMの法則もという競馬予想ブログ

 

7月20日(月)盛岡競馬場ダート2000mで行われるマーキュリーカップ2015の予想です

 

ウォーエンブレム(ミスプロ系)×サドラーズウェルズのシビルウォー
過去3年のマーキュリーカップではこの馬が3年連続で馬券になってるんですが
これ以外で馬券になってるのはキングマンボの血が多いんです

14年1着 ナイスミーチュー(父)
14年2着 クリソライト(母父)
13年1着 ソリタリーキング(父)
13年3着・12年2着 グランドシチー(父)

あと血統以外の傾向としては
◎6枠より外がやや優勢
◎前走交流重賞組より前走中央を使った馬の方が優勢
この2つが目に付きました

 

◎はソリタリーキング
父キングカメハメハがキングマンボ系で13年の勝ち馬
前走が平安ステークスなんで中央ダートからの参戦にもなりますし

○もキンカメ産駒のトウショウフリーク
力は落ちてそうですが・・枠と前走中央ダートからの参戦が魅力

 

【マーキュリーカップ2015予想】
◎ソリタリーキング
○トウショウフリーク
△トウシンイーグル
△テイエムダイパワー
△メイショウコロンボ

買い目は
◎○-△△△の3連複

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日曜函館メイン・函館記念2015の予想です

 

過去の函館記念ですが馬券になった種牡馬の傾向はバラバラで掴み辛い感はあるんですが
母方の血統には偏った傾向が見られます
それが母父または母母父にノーザンダンサー系の血を持つ馬が圧倒的に好相性な事

14年1着 ラブイズブーシェ
14年2着 ダークシャドウ
14年3着 ステラウインド
13年1着 トウケイヘイロー
13年2着 アンコイルド
13年3着 アスカクリチャン
12年1着 トランスワープ
12年3着 ミッキーパンプキン
11年1着 キングトップガン
11年2着 マヤノライジン
10年1着 マイネルスターリー
10年2着 ジャミール
10年3着 ドリームサンデー

これらが過去5年の函館記念にて
母方にノーザンダンサーの血(パワー型は除く)を持ち馬券になった馬
毎年2頭以上馬券になってるので馬券の中心はこの血を持つ馬で組み立ててみようかと

 

◎はヴァーゲンザイル
母父ノーザンテーストがノーザンダンサー系で
トウケイヘイロー、アスカクリチャン、トランスワープが母方にノーザンテーストを持ち好走
父ネオユニヴァースも函館2000mはなかなか優秀で複勝率36.1%で複回収率も100%超え

○はデウスウルト
この馬も母父ノーザンテースト
父キングカメハメハは今年の函館開催芝レースで不振ですが昨日は1800mでワンツー
函館2000mも複勝率は30%超えで単複回収率も100%超え

▲はダービーフィズ
ジャングルポケット×サンデーの配合は08年勝ち馬トーセンキャプテンと同じ
近親には函館記念で父として2頭好走馬を出してるマンハッタンカフェが居る血筋

△はマイネルミラノ
母父Polish Precedentがダンチヒ系でノーザンダンサー
このまま単勝2番人気なら
函館&札幌重賞で1or2番人気に推されたステイゴールド産駒は連対率100%のデータからも買っておきたい

 

【函館記念2015予想】
◎ヴァーゲンザイル
○デウスウルト
▲ダービーフィズ
△マイネルミラノ
×6・7・10・11

買い目は
◎の複
◎-○▲△の3連複
○▲△の3連複
◎○-◎○▲△-××××の3連複フォーメーション

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

土曜福島メイン・安達太良ステークス2015の予想です

 

過去3年の安達太良ステークスの傾向から調べてみたんですが
まずこのレースは父サンデー系が【0.0.0.8】と不振で
普通にミスプロ系を中心としたパワー型種牡馬が非常に幅を利かせてる感じ
そんなミスプロ系でも今開催絶好調なのがキングカメハメハ産駒で先週までダートでは【4.1.0.6】

 

◎はそんなキンカメ産駒の中からロワジャルダン
逃げ・先行馬が圧倒的に強い条件でもある中で
キンカメ産駒3頭の中では最も前に位置を取れそうな馬であるので

○もキンカメ産駒のブラインドサイド

▲は父メイショウボーラーがパワー型種牡馬のトミケンユークアイ
メイショウボーラー産駒は
福島1700mダート【6.1.2.16】勝率24%・複勝率36%と好数字(13年以降)
先行出来る馬でもあるので

 

【安達太良ステークス2015予想】
◎ロワジャルダン
○ブラインドサイド
▲トミケンユークアイ
△コアレスキング
×エイコーンパス
×クライスマイル

買い目は
◎-○▲の馬連
◎-○▲△の3連複
◎-○▲-××の3連複

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

過去の函館記念でまず目立つ好走血統はズバリノーザンダンサー系

14年1着 ラブイズブーシェ(母母父リファール系)
14年2着 ダークシャドウ(母母父ダンチヒ)
14年3着 ステラウインド(母父ヌレイエフ系)
13年1着 トウケイヘイロー(母母父ノーザンテースト)
13年2着 アンコイルド(母父リファール系)
13年3着 アスカクリチャン(母父ノーザンテースト系、母母父ニジンスキー系)
12年1着 トランスワープ(父フェアリーキング系、母母父ノーザンテースト)
12年3着 ミッキーパンプキン(母父リファール系)
11年1着 キングトップガン(母父ニジンスキー系)
11年2着 マヤノライジン(母父ダンチヒ)
10年1着 マイネルスターリー(母母父ニジンスキー系)
10年2着 ジャミール(母父サドラーズウェルズ)
10年3着 ドリームサンデー(母母父ニジンスキー系)

これは過去5年における函館記念の好走馬の中で

リファール、ダンチヒ、ノーザンテースト、ニジンスキーを中心に

ノーザンダンサー系の血特に欧州型の血を3代(父・母父・母母父)に持つ馬を書き出してみましたが

毎年2頭以上馬券になってる事がこれによって分かりますね

しかも特に注目なのが全ての馬がこの血を母方に持ってたという点でしょう

 

ヴァーゲンザイル(母父ノーザンテースト)
サトノプライマシー(母母父ヌレイエフ)
ツクバコガネオー(母母父サドラーズウェルズ)
デウスウルト(母母父ノーザンテースト)
ホーカーテンペスト(母母父フェアリーキング)
マイネルミラノ(母父ダンチヒ系)
ラブイズブーシェ(母母父リファール系)
レッドレイヴン(母母父ダンチヒ)

確定した函館記念2015出走馬で母方に上で挙げた血を持つのはこの8頭

今年もここから2頭は好走するような気がしてなりませんが・・・

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ